オーストラリアのワーキングホリデープログラム

ワーキングホリデーは、二国間の協定に基づき青年(18歳~25歳または30歳)が互いの国に一定期間滞在できる制度です。

海外で暮らすことによって互いの文化に対する理解や交流を深めることが目的で、休暇を楽しみながら、その間滞在資金を補うために一定の就労が認められています。

現在日本からワーキングホリデーに行くことができるのは、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、デンマーク、韓国、台湾、香港、ノルウェーの12カ国で、各国によって年齢制限などの条件が異なります。

オーストラリアワーキングホリデー申請条件
・ビザ申請時の年齢が18歳以上30歳以下であること
・日本のパスポートを保持していること
・子供を同伴しないこと
・過去ワーキングホリデービザでオーストラリアに入国したことがないこと
・滞在費として十分な資金を保有していること(原則として5,000オーストラリアドル以上)

オーストラリアのワーキングホリデービザは申請から発給まで7日間前後(ビザ申請料420ドル)かかり、発給日から12ヵ月以内にオーストラリアに入国する必要があります。
※ワーキングホリデービザはオーストラリア国外でのみ申請可能ですのでご注意ください。
学校に通える就学期間は4ヵ月までで、また就労は同一雇用主のもとで6ヵ月以内と決められています。

オーストラリアには滞在期間を1年から2年に延長できる「セカンド・ワーキングホリデー」という珍しい制度もあります。
オーストラリア留学にご興味がある方は、留学ガイド.COM までお気軽にお問い合わせください。

留学ガイド.COM お問い合わせはこちら

留学のおすすめ情報

ILSCの英語教授法準備プログラムTESOL
英語の環境で子供達と関わる仕事を目指している人に最適なプログラムです。
ILSC - International Language Schools of Canada
アットホームな雰囲気の歴史ある語学学校。
PPC - Pan Pacific College
毎年入学待ちがでるバンクーバーの人気語学学校です。
VIC - Vancouver International College

Copyright © 留学ガイド.COM All Rights Reserved.

留学ガイド.COM は留学生のみなさまの海外留学をサポートをする、語学学校専門の留学エージェントです。